« おまたせ! | トップページ | 初めての病院 »

氷河急行(のつもり)

本文に入る前に、まずはお礼を!!!

うさぎ日和のLAPISさん、ぷっちょさんから

Resize1980 こんな素敵な贈り物が届きました~♪

 

 

 

 

うさ柄の手ぬぐい、ほうじ茶、まめぞうのオヤツ♪

 

寒い季節、早速ほうじ茶を戴き、温まっております!

N県はもっと寒いと思いますが、お体にお気をつけて冬を乗り切ってください!

お忙しい中、ほんとうにありがとうございました~!!!

 

Resize1990  

おいらにもオヤツをありがとうっス!!!

ぷっちょちゃん!

おいらのパワーを送るッスよ!!!

(でも、やっぱり食糞は難しいみたいっす)

 

 

タイトルの通り、氷河急行の通るルートを走る電車を使い、

サンモリッツ→ツェルマットを移動します!!!

所要時間8時間半。

1日中電車に乗っておりました。 

 

予めお伝えしますが、

よもぎ"鉄"疑惑が浮上しておりますが、"鉄"ではございません!!!!

スイスの電車移動について調べているうちに、身に付いた知識なので、本物の"鉄"の方に比べれば、赤子のようなものですし…。

 

 

そんなこんなで、「8時間半もよく乗る気になったな~」とお思いの方もいらっしゃると思いますが、氷河急行に乗っても、所要時間は大して変わりないんです。

ほかのルートを使えば、5~6時間でも行けちゃうんです。

このルートの魅力は、景色と「電車でアルプス越え」というロマン!!!

(この辺の表現が"鉄"ぽいのでしょうか…)

 

1日がかりの移動なので、朝8時2分サンモリッツ発の電車に乗ります。

今回は、ちゃんと「電車」です。「バス」ではありません。

きちんと前もって駅の人に確認しました。Resize1652

この車両は、本物の氷河急行の車両です。

サンモリッツ駅にいたので撮ってみました。

置いとくだけなら、走らせてくれればいいのに…。 

 

 

今回は乗換えが4回あります。

まずは、第1ポイント、ライヒェナウ・タミンス駅へ。Resize1807 

この駅の乗り換えのとき、どれに乗って良いかわからず、停車した電車の運転手さんとかに確認していたら、同じ方向へ行くというご夫婦が声をかけてくれて、この後の乗り換えのときも、「これだよ」と教えてくださいました。

このご夫婦のおかげで、不安な乗り換えが、難なくクリアできました!

しかも、乗換駅のたびに、カメラのシャッターを押してくださったりと、なんと親切な!!!

そして、またもお名前を聞き忘れてしまった…。

ベルン出身でフィスプ在住のご夫婦!!!ありがとうございました!!!

 

 

そんなこんなで、列車は進み、次の乗り換えポイント ディセンティス・ミュンスター駅へ。

ここまではベルニナ線と同じレーティッシュバーンですが、ここからはマッターホルンゴルダットバーン運行の列車になります。

何が違うかというと、レーティッシュバーンはラックレールを採用していないのですが、マッターホルンゴッタルドバーンは、アプト式のラックレールを採用しています。

なので、ここからは急勾配の山道をグイグイ直線的に登っていけるようになるのです。

なので、氷河急行に乗るときも、客室車両はそのままで、牽引車両だけ交代するので、1時間待ち時間が合ったりするそうです。

Resize1823

列車の下の雪の付き具合がなんともカッコよろしかったです!!!

  

 

 

Resize0753

ディセンティス・ミュンスター駅は標高1000mちょっとなので、小学生がたくさん乗り降りしたり、針葉樹林がたくさんある山道を走っていたのですが、

 

 

Resize0758

 

さすがラックレール。

ぐいぐい傾斜を登り、数十分で木も生えない標高2000mを越える景色に早変わり!!!

感動です!!!

 

Resize0757  

 

氷河急行最高地点にあるオーバーアルプパス駅を過ぎたころ、  

 

Resize0771  

すれ違いのために、一時停止。

これは写真を撮らねば!!! 

今まさに、対向車両が!!!

このとき、おそらく外はマイナス10度以下だったはずなんですが、全然寒く感じなかったのが不思議です。

天気がよくて風がないと、体感温度は全然違うもんなんですね~。

Resize0782  

そして再び出発。

今度は600mくらいをぐいぐい下り、次の乗り換えポイントアンデルマット駅へ。

 

この乗り換えの後は10分ちょっとお外が見れないなが~い新フルカトンネルを通り、最終乗り換えポイントブリーク駅へ。

Resize0812 ブリークからツェルマットへは雪は積もっておらず、渓谷沿いを走っていきます。

写真では旨く伝わらないのが残念ですが、

電車に乗っていても「落ちる~!!!」と叫びそうになるくらい、すごい谷ッぷりでした。

親切なご夫婦の助けもあり、無事定刻通り、ツェルマット到着!

しかも、うす曇でしたがホテルの部屋からマッターホルンが拝めるではないですか!!!

Resize0841  

なんというゼイタクでしょう!!!

お部屋にはResize0838  

なぜかベンチつき。

 

 

 

 

この日の夜は、ホテル1階のレストランへ。

Resize0848 スイス名物チーズシュニッツェルを戴きました。

が…。

これが本場の味か…。

かなり味が濃い…。 

 

Resize0846  

という言い訳をして、ビールをグイグイ飲んでしまいました♪

 

 

 

次回も電車に乗りま~す!

|

« おまたせ! | トップページ | 初めての病院 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

おっ~、寒そう。(>_<)
次も電車だー。 楽しみ~。

投稿: tana | 2007年12月 7日 (金) 20時56分

鉄といえば昨日通勤中に撮り鉄がいましたー。
朝から本数が極少の武○野線の魅力が全くワカラナイ私です^^;

なんかまた本文と感想がズレてますね。。。

投稿: maO | 2007年12月 8日 (土) 14時47分

寒さに強いはずの私も、寒そう…と思ってしまう景色(-_-;)本場のチーズ…食してみたい!!

投稿: きのん | 2007年12月 8日 (土) 23時21分

ご紹介、ありがとうございます!!
喜んでいただけて何よりです♪(^^)♪
一面の銀世界!!!!
こんな中を電車で走るのって、気分が良さそうですー!!
お料理も美味しそう…。
濃い味のチーズは大好きなので、一度体験してみたいですね♪

投稿: LAPIS | 2007年12月 9日 (日) 21時11分

よもぎさん、銀世界の中って綺麗でいいですね!
私はスキーをしたくなりました!!

えっと、プレゼント企画に当選されました!
おめでとうございます!!

投稿: sawa212 | 2007年12月 9日 (日) 23時20分

お返事遅くなってすみません!!!


>tanaさんへ
 なぜかラインの滝に行ったときのほうが寒く感じました! 体感温度って不思議です。
 
 はい、次も電車で(笑)

>maOさんへ
 中央線も新型車両が走り出した頃、撮り鉄がたくさんいました!
 武○野線、沿線に住んでらっしゃる方が多いのに、本数増えないですよね!
 もうちっと増やしてくれてもよさそうなのに…。


 いえいえ!全然おっけぃです!!!


>きのんさんへ
 そうですよ!
 寒さはおそらく変わらないかと…(笑)
 朝食ビュッフェでは、どのホテルでも3~5種類のチーズがあって、全部ちょっとずつ食べてきました!
 でも、「何チーズ」って表示がなかったので、美味しかったのが何チーズかがわかりません…。

>LAPISさんへ
 お忙しいところ本当にありがとうございました! 
 まめぞう共々大喜びでございます!
 
 銀世界を走る電車は気持ちよかったですよ!
 緑の時期にも行ってみたいものです。
 チーズはヤギ乳のものも混ざっていたようなので、癖がありましたが、美味しかったですよ♪ムフ♪
 
 

>sawa212さんへ
 スイスの方たちは、街に住んでいても家からウェアを着て、スキーブーツを履いて、板を担いで電車でスキー場へ行っていました。
 ものすごくうらやましかったです。
 おいらもスキーしたいです!!!!

 やや!!!
 なんと!!!クイズ正解したのですね!
 後ほどうかがいます。
 

投稿: よもぎ | 2007年12月12日 (水) 17時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78461/9290985

この記事へのトラックバック一覧です: 氷河急行(のつもり):

« おまたせ! | トップページ | 初めての病院 »