« まめぞうの知能 | トップページ | バトンその2 »

初バトン

長らく、コメント返し&更新お休みしてて申し訳ない(シ_ _)シ

ここ最近事情によりやることが増えまして…。理由はまた後日。

ということで、え~。

ブログを始めて、初バトンが廻ってまいりました!!!2本廻ってきたのですが、きょうはまず1本目!!!

六畳兎間、なおこさんより廻ってまいりました。「声バトン」です。

  ★このバトンのルール★
・歌声の好きなボーカリストを5人ないし、10人選出!
・あくまで声の好みを問うもので、歌唱力等の技術的な要素はできる限り加味しない。
・番外編として、歌声の嫌いなボーカリストを挙げてもかまわない。
・エントリーのタイトルは「超個人的声質ランキングバトン」とする。
・お約束で他のブロガーさんにも回す。

それでは、

・イアン・マッカロクさん(echo&the bunnymenのボーカルです。)

・石丸 謙二郎さん(世界の車窓からのナレーションされてる方です。歌は歌いませんが…)

Die Ärzte (ドイツのパンクバンドです。バンド名は「お医者さんたち」という意味です。 )

die toten hosen(これまたドイツのパンクバンドです。バンド名は「たいくつな」という意味です。)

paula(ドイツのポップロックバンドです。バンド名は…女のヒトの一般的な名前です。でも、ボーカルの子はエルケ、男の子はベアレント(だっけ?)で、パウラじゃないんです。)

・岡田 准一君(言わずと知れたV6の岡田君。ゲド戦記観たい!!!)

奥田民生さん

木村カエラちゃん

・黒幕さん(sakusakuで、ヴィンセントを操ってるヒトです)

こんな感じ。。。マニアック?そうでもないよね~?ね!

そしてこれを、、、、、

くぼりえちゃん!!!

受け取ってくださ~い!!!

9_005 きっと、おいらの想像するまめぞうの声は、渋かっこいいはずだ!!!

でしょ?

にほんブログ村 うさぎブログへ

|

« まめぞうの知能 | トップページ | バトンその2 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

受け取ってくれてありがとねー♪
よもぎさんも忙しいみたいですね。最近ウサギ仲間さん達が
いろいろ忙しそうで寂しいです^^;
声バトンはなかなかマニアックで日本人しか分かりませんでした^^;

投稿: なおこ | 2006年7月30日 (日) 20時20分

よもぎさんはドイツのバンドが好きなんやな!!
ドイツはビールがうまいだけじゃなくて
声のエエ人がいっぱいなんかな???
「世界の車窓から」の声の人、おかんも好きやって!!

まめぞう君の声ってどんなんかなぁ??
オレはかわいい声やと思うでぇ!!!

投稿: 権造 | 2006年7月30日 (日) 21時53分

岡田准一さんといえば、木更津キャッツアイです!
ゲド戦記は見に行ってる時間があるかどうか。。。
わりとソフトな感じの声がお好きなんでしょうか。
ドイツ系はよくわかりませんが(^^;)
パンクはファッションに憧れますね〜vV

投稿: ram | 2006年7月31日 (月) 13時09分

よもぎさん、ドイツ語分かるんですかぁ?>^_^<
モグ母の知識・・・ドイツ=ソーセージ、ロゴランド、ビール・・・^^;
石丸さんは、ちょっと笑っちゃいました!(* ̄m ̄)プッ

投稿: モグ母 | 2006年7月31日 (月) 16時13分

>なおこさんへ
 いえいえです♪
 こんなおいらがバトンを受け取って、ほんとによろしかったのでしょうか。。。
 次に期待です。
 

>権造君へ
 おいらは、パンク好きなんです。相方には理解してもらえませんが。。。
 勢いあまって、パンク発祥の地ドイツまでたどり着いちゃったんだよ。
 まめぞうのうなじの毛を逆立てて、こっそりパンク小僧になってもらってるんだよ!
 権造君もパンク小僧似合うかも!?


>ramさんへ
 ramさんご指摘のとおりかも!
 ソフトというか、低くてこもった声が好きなのかもです。
 岡田君はもっと若いころから良い声出してましたよね。


>モグ母さんへ
 ドイツ語は…勉強中です。なんとなくドイツ語の音がすきなんですよね。
 おいらもドイツのイメージNo1は「ビール」です!!!
 石丸さん良いですよね~。
 

投稿: よもぎ | 2006年7月31日 (月) 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78461/2862855

この記事へのトラックバック一覧です: 初バトン:

« まめぞうの知能 | トップページ | バトンその2 »