« おけけ病。。。 | トップページ | コールド・ストーン クリーマリー »

戦い

申し遅れましたが、昨日テンプレート変えてみました。ワールドカップも終わったし、残すはジダン対マテラッツィの喧嘩問題だけかなぁと思って。

本題です。

おけけ病は改善傾向にありますが、やはり気は抜けません。

7_013_1 このたび購入したラビットラックス。予防的にも使えるということなので、換毛期には飲んでいただくことにしました。

ラムちゃんもご愛用らしく、良い子にきちんと飲むみたいです。

しかし!!!

まめぞうは、これ嫌いみたい( p_q)。

始めはなんだかよくわかってなかったみたいだけど、数日たった今じゃ、においを嗅ぐと逃げてっちゃうの。

なので、飲ませるためには日々戦いです。

手順としては、

まず、①シリンジに必要量入れます。7_021_1

②おいらは正座をして、足の間にまめぞうを挟みます。

このとき、おいらもまめぞうも必死なので写真には取れません。

③まめぞうの頭を片手でおさえて、シリンジを入れれるように上唇を持ち上げます。

7 図がないと説明しにくかったもので。。。変な絵ですみません。

7_028 ④シリンジを脇から入れて、ちょっとずつ口の中にいれます。

で。普通は、とりあえず口をあむあむさせて飲み込むんですよ。普通の子はね。

でも、まめぞうは頑として譲らず。口をまったく動かさないため、

7_029 反対の隙間から、にゅ~って出します。というかでてきちゃいます。

まったく飲めていないわけではないので、一応続けているのですが、お口の周りはネタネタになってます。

にほんブログ村 うさぎブログへ

|

« おけけ病。。。 | トップページ | コールド・ストーン クリーマリー »

「うさぎ」カテゴリの記事

コメント

すげぇ!ごめん!笑ってしまった!
反対のオクチからニュルーと出すなんて!
なんて男前なんだ!まめぞう君!
頑として「飲まねぇ!」と抵抗する男っぷりに惚れ直しましたぜぃ!
真横よりも斜めっちょから入れてみるか、正面(歯でシリンジがゴリゴリになりますが)から
入れてみるとか・・・。
シリンジの先に延長チューブを付けて、少し喉の奥に無理矢理入れるようにするとか・・・。
液体だと簡単なんですけどねー。
ベロの上に乗せるのも意識するといいかも?
うーん。最近ベテランな私なので^^;飲ませに行ってあげたいゾ!

投稿: なおこ | 2006年7月17日 (月) 18時15分

確かにちょっと固めですから、飲ませるとなると大変そうです(><)
なおこさんの言うように、液体なら反対側から出ないかもしれないですね。水で薄めるとかできないですかね〜?
この前の買い物で、よく毛が取れるというラバーぶらしも買ってみたんです。ブラシ担当の娘が「よくとれた」と言ってました。よかったら参考にしてください。

投稿: ram | 2006年7月17日 (月) 20時32分

>なおこさんへ
 ぜひとも!まめぞうに薬を飲ませに来て欲しい!!!
 押さえつけるのが嫌なのかと思って、チューブごとまめぞうの口の前に持ってきましたが、やはり逃げられました。。。
 誤嚥を心配して、ムリクリ飲ませるのにも抵抗が。。。 
 今度は角度を変えてみます!


>ramさんへ
 水で薄めるかぁ。それもよさそうですね!やってみます!
 ラバーブラシ内にもあるんですけど、まめぞうの抵抗っぷりが激しく、スリッカー止まりなんですよ。
 でも、そんなに取れるならば!今度再チャレンジしてみます。

投稿: よもぎ | 2006年7月17日 (月) 21時46分

「反対の隙間から、にゅ~って出します」
すごいっ!!「イヤイヤッ!!」という無言の抵抗でしょうか…?
我が家では長男にだけ、以前「ラキサトーン」という似たような品物を使っていました。
が!!彼はヘンでした。
なぜって…チューブの蓋を開けるだけで大喜びで飛んでくるのですから…。
薬全般が大好きな長男。
その怪しげな味覚(?)をまめぞうクンに分けてあげたいです…。

投稿: LAPIS | 2006年7月18日 (火) 00時45分

>LAPISさんへ
 ビチヲさん。不思議な味覚の持ち主なんですね!
 是非とも、その不思議な味覚を分けて欲しいです!!!
 「ラキサトーン」気になります。探してみるです!

投稿: よもぎ | 2006年7月18日 (火) 18時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78461/2676625

この記事へのトラックバック一覧です: 戦い:

« おけけ病。。。 | トップページ | コールド・ストーン クリーマリー »